スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染まりの違い。

朝晩と寒さが厳しくなってきた今日この頃。

周りでは体調を崩されている方が少しずつ多くなってきています。

みなさん、お気を付けください(>_<)


さて、今日は各部分によって染まり具合が違うというお話です。

昨日、寝る前に手の甲と足の甲に描きました。
で、起きてからペーストを剥がしてオイルを塗ったあとの写真がこちらです♪

121101.jpg


染まった色…の前に、肌の色がだいぶ違うことに気づきました。笑

10月に出店したイベント2つとも、太陽ギラギラの日だったので焼けてしまったようです…(^_^;)


肌の色もありますが、染まっている色が違いますね!
手と足でも違いがありますが、よく見ると足の小指付近が、親指側に比べて濃く染まっているのはわかりますか?
小指付近は“黄色”というよりも“オレンジ”ですね。

皮膚の薄いところよりも厚いところのほうが濃く染まります。
(その他に関節の多いところ(指など)、体温が低い人よりも高い人のほうが濃く染まりますよ☆)

このように、同じ時間(多少の誤差はありますが)に描いたものでも、描く部分によって染まり具合に違いがでます。


また、今回使用したペーストは作ってから約一週間経っているので、いつもよりも染まりが薄いです。

時間が経つにつれて染色力は弱くなりますし、保存料などを使用していないので、水が腐敗するペースでペーストも劣化します。

それでも一週間経ってもまだ染まりますね(^_^)


朝は写真の色でしたが、今は少し濃くなり落ち着いた色になり始めています。
明日になれば、また色が濃く、茶色っぽくなることでしょう♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

mito

Author:mito
HOME:東京都福生市

主にイベントに出店して描かせていただいています♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。